いびき・睡眠時無呼吸外来

いびきは睡眠中、筋肉の弛緩に伴って舌根が沈下し、空気の通り道である気道が無意識に狭くなって起きる現象です。ご本人は気がつかないことが多く、家人によって指摘されることがほとんどです。このいびきがひどくなった病気が閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。閉塞性睡眠時無呼吸症候群では気道が閉塞して呼吸が停止します。息苦しいために短い間隔で目を覚まします。その結果、脳の不眠が生じ、昼間の耐えがたい眠気、抑うつや集中力の低下をきたし、仕事の能率低下や交通事故の原因になります。また、閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に繰り返す低酸素状態や交感神経の活性化によって夜間高血圧を引き起こし、心不全や心筋梗塞の危険因子にもなっています。

日本人は閉塞性睡眠時無呼吸症候群をきたしやすい民族です。それは、欧米人と比較して下顎が小さいからです。下顎が小さいと、口の中の容積が小さくなり、相対的に舌の容積が大きくなるため、気道が閉塞されやすくなるのです。下顎が小さいことによる気道の閉塞は肥満によって増強されます。肥満が閉塞性睡眠時無呼吸症候群を悪化させる理由は、肥満すると首周りや舌にも脂肪が蓄積し、口腔内容積がますます減少するからです。私も閉塞性睡眠時無呼吸症候群に悩まされていました。私の場合は永久歯が標準よりも4本少なく、口腔内の容積が小さいために睡眠時に気道の閉塞を引き起こしていました。これ以外に扁桃肥大や舌肥大なども閉塞性睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療は重症では経鼻式持続的陽圧呼吸(n-CPAP; nasal continuous positive airway pressure)が用いられます。CPAPとは、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、閉塞を解除する人工呼吸法です。中等症や軽症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群では口腔内プレート治療が奏功することがあります。これは、マウスピースを装着することによって下顎の気道を広げる治療方法です。私の場合は、口腔内プレート治療によって閉塞性睡眠時無呼吸症候群は劇的に改善しました。

気道閉塞

CPAP装着時

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は睡眠不足によって生活の質を大きく損なうだけでなく、高血圧、心不全、心筋梗塞や脳卒中の原因になります。また、運転中の居眠りによる交通事故は大きな社会問題になっています。
「いびきがひどい」と指摘された方、昼間の耐えがたい睡魔に悩んでおられる方は是非ご相談ください。

PAGE TOP